So-net無料ブログ作成
クラシック ブログトップ
前の10件 | -

ショパン : 「別れの曲」 [クラシック]



ショパン : エチュード集(練習曲集)

   第3番 ホ長調 「別れの曲」
                    
                    作曲 : フレデリック・ショパン


1833年に出版された『12の練習曲(Op.10)』は、1829年~1832年に作曲され、
とくにこの第3番 ホ長調 『別れの曲』と第12番ハ短調 『革命』が特に有名です。
nice!(64)  コメント(0) 

ハンガリー舞曲第五番 [クラシック]


 ハンガリー舞曲第五番                   
                    作曲 : ヨハネス・ブラームス


「ハンガリー舞曲 」は、19世紀ドイツの作曲家ブラームスによる1869年の作品で、
全21曲のうち特に第5番が有名です。

テンポの早い軽やかな曲ですが、何故かメロディーはちょっと物悲しい感じがする
のは私だけではないと思いますが如何でしょう?


nice!(61)  コメント(0) 

ショパン : 「革命」 [クラシック]


    
ショパン : エチュード集(練習曲集)
           
       第12番 ハ短調 「革命」

                    作曲 : フレデリック・ショパン


「革命」は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンによる『12の練習曲
作品10』第12番目のピアノ曲で第3番目のピアノ曲「別れの曲」と共に有名です。


nice!(72)  コメント(0) 

ユーモレスク [クラシック]



      ユーモレスク
                 作曲 : アントニン・ドヴォルザーク


ドボルザークといえばなんといっても「新世界より」が有名ですが、この曲も代表作の
一つと言えるでしょう。

この曲はなんともユーモラスな曲ながら、どこか哀愁が漂っているようでメロディーも
美しい曲ですね。


nice!(66)  コメント(0) 

エリーゼのために [クラシック]



     エリーゼのために
                    作曲 : ベートーベン


誰でも知っているでしょう、この曲。
ピアノを習う、弾く人ならある意味憧れの曲でしょう。
そうでなくても一度聞いたら忘れられない曲ではないでしょうか、あの旋律とリズム、
ピアノは全く弾けない私でも、いつかは自分でもじっくりと感情を込めて演奏してみた
いと思う曲ですね。
nice!(70)  コメント(0) 

アメイジング・グレイス [クラシック]



   アメイジング・グレイス
                    作詞 : ジョン・ニュートン
                    作曲 : 不詳 (賛美歌)


Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved,
How precious did that grace appear,
The hour I first believed.

Through many dangers, toils and snares
I have already come.
'Tis grace hath brought me safe thus far,
And grace will lead me home.

The Lord has promised good to me,
His Word my hope secures;
He will my shield and portion be
As long as life endures.

Yes,when this heart and flesh shall fail,
And mortal life shall cease,
I shall possess within the vail,
A life of joy and peace.

The earth shall soon dissolve like snow,
The sun forbear to shine;
But God, Who called me here below,
Will be forever mine.

When we've been there ten thousand years,
Bright shining as the sun,
We've no less days to sing God's praise
Than when we'd first begun.


日本では若くして世を去られた「本田美奈子」さんの、あの美しい声が
忘れられない曲となっていますね。
その「本田美奈子.オフィシャルサイト」を見たら以下のニュースがありました。


※ 2017年9月30日(土)19:00~朝霞駅南口広場で本田美奈子.
  フィルムコンサート&想い出のトークショー


【 祝 朝霞市市政施行50周年記念~朝霞アートマルシェ前夜祭~ 】  NEW!! 

祝 朝霞市市政施行50周年記念~朝霞アートマルシェ前夜祭

2017年9月30日(土)19:00~朝霞駅南口広場で本田美奈子.フィルムコンサート&想い
出のトークショーが開催されます。(前夜祭は14:30~開催されています)

朝霞市の市制施行50周年記念アートマルシェの前夜祭になり、トークショーにはボスや
美奈子さんのお母さんも出演します。

アートマルシェは「アート」テーマに駅前広場を会場にして親子によるアート作品づく
り体験や子供達の作品展示、ミニコンサートなど多彩なイベントを行います。

http://www.asaka-sci.or.jp/modules/events/content0028.html
※アートマルシェは10月1日(日)開催です、皆さんのお越しをお待ちしております。

以上、本田美奈子オフィシャルサイトより

ヘイリー(ヘイリー・ウェステンラ)、この人の歌もすごいです、初めて聞いた時は
もうすっかりと聞き入ってしまいした、おすすめですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=uofG9z66LXg

nice!(79)  コメント(0) 

スケーターズワルツ [クラシック]


スケーターズワルツ

           エミール・ワルトトイフェル : 作曲     

エミール・ワルトトイフェル( 1837年12月9日 - 1915年2月12日)は、フラ
ンスの作曲家でワルツ『スケートをする人々』『女学生』やポルカなどのダン
ス音楽の作曲家として知られ、ヨハン・シュトラウス2世にならって「フラン
スのヨハン・シュトラウス」「フランスのワルツ王」と呼ばれたそうです。
「スケータズワルツ」は1882年に作曲されたワルトトイフェルの最高の
ヒット作で、原曲は管弦楽です。





nice!(84)  コメント(0) 

トロイメライ [クラシック]



    トロイメライ 
               ロベルト・シューマン : 作曲

シューマンはドイツの作曲家(1810年6月8日〜1856年7月29日)
トロイメライは「子供の情景」13曲からなるピアノ小曲集の7番目の曲です。

トロイメライとは『 夢』、『夢想』を意味するそうです。





nice!(78)  コメント(0) 

愛の挨拶 [クラシック]



      愛の挨拶
                エドワード・エルガー : 作曲
 
行進曲「威風堂々」で有名なイギリスの作曲家エドワード・エルガーによる曲。

1888年にキャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲で、エルガーの
代表作の一つと言ってもいいでしょう。





nice!(62)  コメント(0) 

トルコ行進曲 [クラシック]



モーツァルトの「トルコ行進曲」

作曲 : ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

このピアノソナタが、いつごろ、またどこで作曲されたのかは判明していないようです
が、最も有力なのは1783年頃ウィーンあるいはザルツブルクで作曲されたとする説のよ
うです。

トルコ行進曲は誰もが知っているモーツァルトのピアノ曲ではないでしょうか。
ピアノの演奏会などでも、このトルコ行進曲だけが単独で演奏されることも多いのです
が、3つの楽章からなるピアノソナタの第3楽章になります。
nice!(72)  コメント(0) 
前の10件 | - クラシック ブログトップ