So-net無料ブログ作成
検索選択

早春賦 [童謡・唱歌]



       早春賦           作詞 : 吉丸一昌
                     作曲 : 中田 章

1 はるはなのみの かぜのさむさや    春は名のみの 風の寒さや
  たにのうぐいす うたはおもえど    谷の鶯 歌は思えど
  ときにあらずと こえもたてず     時にあらずと 声も立てず
  ときにあらずと こえもたてず     時にあらずと 声も立てず

2 こおりとけさり あしはつのぐむ    氷解け去り 葦は角ぐむ
  さてはときぞと おもうあやにく    さては時ぞと 思うあやにく
  きょうもきのうも ゆきのそら     今日も昨日も 雪の空
  きょうもきのうも ゆきのそら     今日も昨日も 雪の空

3 はるときかねば しらでありしを    春と聞かねば 知らでありしを
  きけばせかるる むねのおもいを    聞けば急かるる 胸の思いを
  いかにせよとの このごろか      いかにせよとの この頃か
  いかにせよとの このごろか      いかにせよとの この頃か